裁判員制度

DV被害の女性、地裁が裁判員候補の除外認めず

地裁総務課によると、裁判員候補が裁判員に選ばれると、公開の法廷に出なければならない。DV被害を恐れて身を隠している場合など、正当な理由があれば辞退や除外の対象になる。

地裁は昨年5月、女性がある事件の裁判員候補になったと、実家に呼び出し状を送った。候補者から辞退の希望などを確かめ、理由の適否を判断するための質問票を同封し、問い合わせの電話番号も付記していた。

これは本人がどこかに身を隠してて、連絡が取れない状態だったのかな?

交通事故で死ぬ確率 0.003% 夫が浮気している確率 50% ニートになる確率 2.2% 正社員ではなくなる確率 28% ホームレスになる確率 0.02% オレオレ詐欺でだまされる確率 0.008 裁判員に選ばれる確率 0.02% エレベーターに閉じ込められる確率 1.8%

議長「お前性格なんてあかんやろ」 いや!性格だよ! 裁判員「...外見で、いいんじゃないですか?」 せいかく!

一般庶民に、しかもDV被害の問題を抱えている女性に対しては、容赦なく、「過料を科される可能性がある【不出頭】の扱い」をしているが、東電幹部などは無問題という腐り切った法律と裁判所。